ダイエット黒板
簡単操作で体重管理できるフリーソフトです。
ダウンロード(45KB Ver.1.12)
Android版はこちら
 

解凍すると、
"dietkokuban.exe", "はじめにお読みください.txt"
が生成されます。
 
[動作環境]
  • Windows XP/2000/7/8/8.1/10
[使い方]
dietkokuban.exeを実行してください。
アップデートの場合、dietkokuban.exeを入れ替えるか上書きしてください。
 
[パソコン起動時に自動で実行するようにするには]
 dietkokuban.exeのショートカットを作成して、
 [スタート]->[すべてのプログラム]->[スタートアップ]->右クリック->開く
 で開いたフォルダにショートカットを入れれば起動時に実行されます。
 Windows8の場合、C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startupです。
 
[操作]
 まず、黒板上で右クリックして[設定]を開いて、
 目標体重とあなたの身長を入力してください。設定が完了したら、
 黒板の、体重表示欄をクリックすると、現在の体重を入力できます。

 左側は体重グラフです。クリックすると近くのそのポイントの日付と体重が
 表示されます。 左右矢印「←」「→」キーでも、ポイントを移動できます。
 グラフは、「+」「-」をクリックすると、拡大・縮小できます。
 黒板消しをクリックすると終了します。
 
[設定]
 最初にまず、設定から「目標体重」と「身長」を入力してください。
 右クリックで、メニューの設定を選びます。
ダイエット黒板
ダイエット黒板
 
[その他の機能]
 -常に手前に表示
  チェックすると、黒板が常に手前に表示されます。
 -太りすぎライン表示、痩せすぎライン表示
  チェックすると、それぞれ、BMI=25、BMI=18のラインを表示します。
  -妊娠による体重増加分を追加する。
   チェックすると、太りすぎライン・痩せすぎラインに、妊婦の理想の
   体重増加分の目安を上乗せします。
 -妊婦の理想の体重増加ラインを表示
  チェックして妊娠前の体重を入力し、最後の生理日をカレンダーから
  クリックして指定すると、理想の体重増加ラインの目安を表示します。
  ※最後の生理日から280日目にBMIが妊娠前より4だけ増えるのを
   理想とし、体重増加が始まるのを80日目からとしています。
 
ダイエット黒板
 
[CSVファイル作成]
 Excelで見ることができるCSVファイルを作成することができます。
 黒板上で右クリックして[CSVファイル作成]を選択します。
 dietkokuban.exeと同じディレクトリに体重データ(日付と体重のリスト)の
 [taiju.csv]が作成されます。
 
[体重データリセット]
 黒板上で右クリックして[体重データリセット]を選択します。体重データがすべてリセットされます。
 
[データ修正]
 黒板上で右クリックして[データ修正]を選択します。
 日付や体重を修正できます。追加や、順番の入れ替え機能はありません。
 
TOP PAGECONTACT